ワイン生産量は世界一!イタリアのワイン生産地を紹介

イタリアワインの代表的生産地

みなさんはワインの生産地を聞かれた場合、どの国を思い浮かべますか?

おそらくほとんどの方が、「イタリア」を思い浮かべると思います。

そのくらいイタリア産のワインは有名ですからね。

様々な国でワインが生産されていますが、なんとイタリアはワイン生産量が世界一位。

水よりも価格が安いと言われるほど、普段の生活の中でワインが親しまれています。

価格はお手頃なものから高価なものまで幅広く、国外でもとても人気が高いです。

僕もよくイタリア産のワインは飲みますね。

美味しいワインがたくさんあるので、ぜひ一度は飲んでみてほしいです。

今回はそんなイタリアワインの代表的な生産地を紹介していきます。

ただ味だけを気にするのではなく、産地の情報を知ることでよりワインを楽しむことができるはずです。

ピエモンテ州

「山の足」という意味を持つピエモンテは、アルプス山脈の南側に広がっています。

スイスとフランスの国境に接していて、首都はトリノです。

ピエモンテ州の代表的なワインといったらやはり、「バローロ」「バルバレスコ」でしょうね。

どちらも栽培が難しいとされているブドウの品種「ネッビオーロ」が使われています。

”ワインの王様”と呼ばれているバローロは、長期間熟成されていて深い色味と力強い味わいが特徴の高級ワインです。

濃密な深みのあるバローロですが、最高級とも言われているため多くの人に愛されています。

対して”ワインの女王”と呼ばれているバルバレスコ。バローロと同じくネッビオーロを使ってますが、味に違いが出るんですよね。

繊細で華やかな味わいが特徴で、こちらもワイン愛好家を魅了するワインとなっています。

トスカーナ州

トスカーナ州はイタリアの中部にあり、首都のフィレンツェは観光地としても有名です。

こちらでも世界中から愛される最高峰のワインが生産されています。

その中でも代表的なのは、「キャンティ」。

厳しい規定が設けられているDOCGワインで、サンジョヴェーゼを使用して作られています。

鮮やかな濃い色味と爽やかな酸味が特徴のキャンティは、お手頃価格のものもあるので気軽に飲みやすいです。

生産量が多く品質に差があるものの、現在では品質は向上しています。

ピザや肉料理とも合うので普段の食事に取り入れやすく、多くの方から親しまれているワインですね。

ヴェネト州

イタリアの中でもワイン生産量トップクラスのヴェネト州。首都はヴェネツィアで、自然豊かな州として有名です。

そんなヴェネト州の代表的なワインといえば、「プロセッコ」「ソアーヴェ」「ヴァルポリチェッラ」。

プロセッコは口当たりが爽やかなスパークリングワインで、魚料理によく合います。

ソアーヴェは歴史がある白ワインで、果実味溢れる香りとほどよい酸味が特徴です。

そしてヴェネト州の赤ワインの代表とも言われるヴァルポリチェッラは、フレッシュさを残しつつ深い味わいとなっています。

どれも普段の生活で楽しむのも良し、お祝いの場など特別な日に飲むのも良し。

ヴェネト州の良い環境の中で作られたワインはおすすめです。