ワイン買取業者の主な買取方法3パターンまとめ

ワイン買取業者の買取方法

「ワインを買いすぎてしまって飲み切れない」「友人からもらったけどお酒が苦手で飲めない」など、困っている方いませんか?

そのまま家に置いておくのは勿体ないですし、どうにかしたいと思ってもどうすれば良いのかわからないという方も多いはず。

そこで僕がおすすめしたいのは、買取業者を利用することです。
持て余したワインを無駄にすることなく、お金に変えることができますよ。

現在ではいくつもの買取業者があるのですが、どの業者も一種類の買取方法だけではなく、複数の方法を設けているところが多いです。

どんな買取方法があるのか知りたい方もいると思うので、ここでは3パターン紹介していきます。

それぞれの方法にメリットデメリットがあるので、全てを知った上で自分に合った方法を選んでみてください。

店頭買取

一つ目は「店頭買取」です。
これはお店に直接出向いて、買い取ってもらうという方法になりますね。

自宅の近くに買取を行っているお店があるなら、気軽に行きやすいのではないでしょうか。

直接お店の方と交渉できるので、きちんと説明を受けられてわかりやすいというのがメリットでもあります。

しかし、直接お店まで行かなくてはいけないので、持ち込みが大変というデメリットも。

ワインは一本でも結構重いですし、それが数本となると体力的にきついです。

車があればそこまで大変ではないかもしれませんが、自宅から車まで重いものを運ばなくてはいけないのが難点でしょうね。

割れ物なので運んでる途中で割れるなどトラブルが起きる可能性もありますし、手間がかかるというのがデメリットです。

出張買取

二つ目は「出張買取」です。
これは業者の方に自宅まで来てもらって、その場で査定してもらうという方法になります。

流れとしては業者に連絡してから日にちや時間を決めて、当日になったら自宅で査定してもらい、納得できたら買取成立です。

自宅にいたままで全てできるので、梱包などの手間もかからないのがメリットでもありますね。

逆にデメリットは時間に縛られてしまうということ。
業者に買取を依頼した日は何も予定を入れられませんし、時間が延びる場合もあります。

予定を組みにくいというのが出張買取のデメリットですね。

さらに自宅に来るというのが不安な方もいるでしょうし、お店の方と直接やり取りするのが苦手という方には不向きかもしれません。

宅配買取

三つ目は「宅配買取」です。
これは自分で業者にワインを郵送して、査定してもらい買い取ってもらう方法になります。

業者の方とはメールなどでやり取りするため、直接顔を合わせずにできるのがメリットの一つですね。

思い立った時にすぐにできますし、自分のタイミングで郵送することができます。

自分で重いものを運ばなくて良いので、体力的にも楽というのが嬉しいですよね。

逆に宅配買取のデメリットは、梱包の手間がかかるということ。

自分で運ばなくて良いのはありがたいですが、郵送するために梱包しなくてはいけません。

それから、郵送の途中で傷がついたり、割れてしまうなどのトラブルが起きる可能性もあります。

きちんと梱包していればそこまで心配はいりませんが、リスクがあるということは頭に入れておきましょう。