どんなお酒がお金になる?お酒買取業者に高く売れるお酒の種類まとめ

お酒買取業者に高く売れるお酒の種類

お酒が好きな方は普段の生活で食事と一緒にお酒を楽しんだり、パーティーやお祝いの席で飲むことも多いのではないでしょうか。

自分で購入することもあれば、知り合いから貰うこともあるお酒ですが、飲まずに置いたままなんてこともありますよね。

「いつか飲むだろうから…」と取っておいても、なかなか出番がなく、そのままになってしまっているケースも。

そんな時、お金に変えられたら嬉しいと思いませんか?お酒買取業者に売れば、持て余したままのお酒をお金に変えることができるんです。

初めて買取業者に売る場合、どんなお酒がお金になるのかわからないという人もきっといるはず。

そこで、ここでは高く売れるお酒の種類をまとめました。

買取を検討している方や興味がある方はぜひ参考にしてください。

関連記事:お酒・ワインの買取のメリットについて

ワイン


誰でも気軽に楽しめる低価格なものから、滅多にお目にかかることがない高級なものまであるワイン。

作られた年や国によっても値段の変動に幅があり、状態によっては高価買取も期待できます。

「古くなったワインは売れないのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、時間が経つほど熟成されてより美味しくなるものもあるんです。

そのため、古いワインは人気があり、価値が高まっていきます。

貴重なものや人気が高いワインは高額で買取されることもあるので、自宅に余ったワインがある方は買取を検討してみてはいかがでしょうか。

保管に気を遣わないといけませんが、状態が良ければ買取価格も上がりやすくなりますよ。

ブランデー


ブドウやリンゴといった果物を発酵させ、蒸留したものがブランデーです。
品質が変わりにくく、時間が経ったものでも買取可能となっています。

ブランデーは様々な銘柄があり、高級なものになると高額で取引されることも。

さらにバカラのボトルなどもあるので、空き瓶だとしてもコレクターに人気が高いです。

ブランデー自体を好んで飲む人もいれば、収集が趣味という人もいますからね。

「開封済みで中身がないから売れなそう」と思っても、ボトルだけで高価買取の可能性があるので諦めないでくださいね。

もちろん状態によって価格は変わってくるので、しっかり保管しておくことが大切です。

状態が良いものであるほど高価買取が期待できるので、この先売ろうと考えているのであれば保管に気を遣いましょう。

ウイスキー


ウイスキーは大麦やトウモロコシなどの穀物を発酵させ蒸留したもの。

賞味期限がないため、長期保存しても劣化しにくいと言われています。

しかし、保管方法によっては劣化してくることもあるので、売ろうと思っているなら保管に気を遣わなくてはいけません。

熟成させることでより深い味わいになり、それを好む方も多いので年代物のウイスキーは人気が高いです。

数十年前のものでも未開封であれば買取可能な場合もあります。

ただ、状態によって価格に影響が出るので、どのくらいになるのか一度査定してもらうと良いかもしれません。