綺麗にした方が高く売れる?ワインを買取業者にもっと高く売るコツ

ワインを買取業者により高く売るコツ

ワインが好きな人は日頃から食事と一緒に飲んだり、ワインだけで飲んだりしますよね。

僕も毎日飲むほど好きなんですが、美味しいからといってついつい買いすぎてしまうことも。

本当は全て飲んでしまいたいんですが、飲みすぎるのも良くないですし、買取業者を利用してワインを売っています。

そんな時「どうせ手放すんだったら、高く売れてほしい」という気持ちが生まれるんですよね。

ワインを売ろうと思っている人なら、誰でもその気持ちになるはず。

少しでも高く売れれば、泣く泣く手放しても少しは気持ちが晴れますよね。

ということで、ここでは高く売るためのコツをまとめました。

これから売ろうと思っている人や、買取に興味がある人は必見ですよ。

①簡単な掃除をして綺麗な状態で売る

ワインに限らず、どんなものでも売る時に注意しなくてはいけないのが、「商品の状態」です。

買取されたものは再び誰かの手に渡るわけですから、綺麗な状態であることが望まれます。

査定をしてもらう時には状態を見られるので、綺麗であればあるほど高価買取に繋がる可能性も。

そのため、売る前には必ず簡単な掃除が必要です。

長く放置したままならほこりや汚れがついてることもあるので、綺麗にしておきましょう。

次に購入する人のことも考えて、できる限り綺麗な状態にしておくことが大切ですね。

ただ、あまり必要以上にやりすぎてしまうと、逆に商品を傷つけてしまう可能性もあるので要注意。

念入りにやるのも大事ですが、加減に注意しながら掃除しましょう。

②付属品はなるべくつける

ワインは購入した時に、箱などの付属品がついていることもあります。

自分が飲むつもりで購入したのなら、基本的に処分してしまいがちですよね。

しかし、売る時には付属品はあった方が高くなる可能性があるので、できる限り残しておくことをおすすめします。

「知り合いから貰ったはいいものの、お酒が苦手で飲めない」
「自分で買っておいたのを忘れてた」

・・・など、手付かずのものがありませんか?

その場合綺麗な状態が保たれていれば、高く売れやすいのでチャンスです。

わざわざ開けて状態を確かめるのではなく、未開封であればそのまま持っていくことをおすすめします。

外側にはほこりなどがついてることもあるので、綺麗にしてから売ると良いですね。

③出来る限り早く売る

「ワインは熟成された方が美味しい」という一般的なイメージがあり、古い方が高く売れそうと思う方も多いです。

もちろん熟成されてより美味しくなるものもありますが、ワインには飲み頃があります。

それが過ぎてしまうとどんどん劣化していき、味が変わってきてしまうので注意が必要です。

もし少しでも高く売りたいのであれば、なるべく早く売ることをおすすめします。

長く放置したままだとその分状態も悪くなりやすいですし、価格が下がってしまう可能性が高いです。

貴重なものであれば古くても高額になるケースもありますが、全てがそうというわけではありません。

劣化が進んでいなくて状態が良い方が高く売れやすいので、もし不要なワインがあるなら早めに売りましょう。

ワインが減額対象になってしまうケース

基本的にどんなワインでも査定してもらうことは可能ですが、全てに良い値がつくわけではありません。

ものによっては高くなることもあれば、逆に思っているより低くなることもあります。

「高く売りたかったのに価格がそこまで上がらなかった」なんてケースもよくありますが、実は状態によって減額対象になってしまうことがあるんです。

どんな時に減額対象になってしまうのか知っておかないと、せっかく売るのに納得できない結果になりかねません。

ということで、ここからは減額になるのはどのような状態なのか紹介していきます。

もし今売ろうと思っているワインが手元にあるなら、ぜひ事前に確認しておいてください。

①ラベルの剥がれ

まず、商品の状態の中でも重要なのは、「ラベル」です。

ワインにはボトルにラベルが貼られていますが、商品名など判断するために必要になってきます。

ラベルが剥がれてしまっている場合も買取してもらえますが、価格は下がりやすいです。

貴重なものであれば状態が良くなくても欲しいという人はいますが、やっぱり綺麗な方が喜ばれますからね。

ラベルの状態も良く商品自体が綺麗であれば、再販後に購入してもらえる可能性が高くなります。
そのため、業者側は高く買取してくれるんです。

少しでも高く売りたいのであれば、ラベルが剥がれないように保管に気を遣いましょう。

②ボトルの傷

ラベルと同じく見た目の状態で気にしなくてはいけないのが、「ボトル」です。

購入してから手付かずの状態ならばそこまで傷はつかないかもしれませんが、知らないうちに傷がついていることもあります。

何も包まずに裸のままで置いておくと、転がってしまったり、倒れた時に傷がつきやすいです。

「あまり目立たない程度のものであれば大丈夫」と思うかもしれません。

しかし、プロが査定するので小さな傷でもしっかり見られています。

状態によって価格は変動するので、傷がある場合はその分査定する時に影響が出やすいです。

できる限り綺麗な状態で売れるように、不要なワインは箱に入れておいたり、新聞紙などで包んで衝撃を抑えるようにしましょう。

③液面低下

ワインは日が経つと蒸発してきて、中身が減ってきてしまいます。

きちんと栓がしてあったとしても、蒸発によって減ってしまうんです。

この場合買取可能なのか気になるところですが、可能でもやはり減額の対象になってしまいます。

液面低下している場合どのくらいの価格になるのかは、正直はっきり言いきれません。

人気のものであればそれなりの値がつくこともありますが、状態にもよりますからね。

買取してもらえるのか、どのくらいで売れるか気なるのであれば、一度査定してもらうことをおすすめします。

まとめ

ここまで紹介したことをまとめていきます。

  • ワイン買取で高く売るコツは、軽く掃除して綺麗にしておくこと
  • 付属品がある場合は高く売れる可能性もある
  • 不要なものは放置せずになるべく早く売る
  • ラベルの剥がれやボトルに傷がある場合は、減額対象になることもある

コツを知っておくだけで、同じ商品でも価格に差が出てきます。

少しでも高く売るためには、良い状態を保たなくてはいけません。

そのためにも日頃から保管方法に気を遣うことが大切です。