買取価格もアップする?ワインの味を損なわない保管方法まとめ

ワインの味を損なわない保管方法とは

普段家でワインを飲む方もいると思いますが、ついつい買いすぎてしまったりして飲まずに置いてありませんか?

それから、自分で買う以外にも友人や知人からもらって、なかなか飲む機会がないという人も中にはいるはず。

そんな時正しい保管方法を知っていれば、時間が経っても美味しいワインを楽しむことができます。

ワインが好きですぐに飲み切ってしまえるなら良いですが、そうでない場合は保管しなくてはいけませんよね。

しかし、正しい方法を知っていないと味に変化が出てきてしまいます。

美味しいワインを味わいたいのであれば、保管方法に気を遣いましょう。

ということで、ここではワインの保管方法についてまとめてみました。

家に飲み切れないワインがある方はぜひ参考にしてください。

ワインセラーでの保管がベスト

https://sakidori.co/article/11926

まず、ワインの品質を保つためには、温度、湿度、光の当たり方などを気にしなくてはいけません。

ワインを保管するなら冷蔵庫に入れておくというのが一般的かもしれませんが、温度が低いなどの問題があります。

ワインを保管するための適切な環境は、温度が12℃~15℃で、湿度は70%~75%、そして暗くて振動がないこと。

この環境を保つために一番適しているのは、ワインセラーです。

ワインセラーは最適な温度や湿度が保てて、振動が伝わりにくい作りになっています。
そのため、味を損なわずに保管することが可能です。

ワインセラーとなると高額なイメージがあるかもしれませんが、最近では家庭用の比較的お手頃なものもあります。

劣化させずに品質を保ちたいのであれば、ワインセラーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ワインセラーがない場合

保管に一番適しているのはワインセラーだとご紹介しましたが、全員が持っているわけではありませんよね。

もちろん持っていないとダメというわけではないですし、ワインセラーがなくても保管する方法はいくつかあります。

ワインセラーが家庭にない、すぐには用意できないという方のために、ここからは他の方法を紹介していきますね。

持て余しているワインがある場合はぜひ試してみてください。

夏場は冷蔵庫の「野菜室」で保管

前述したように、ワインを保管する際の温度はとても重要です。
特に夏場は気温が上がり、部屋の中の温度も高くなります。

温度の高い場所にワインを置いておくと品質が悪くなるので、涼しい場所に保管しなくてはいけません。

そのため、冷蔵庫を利用する方もいると思いますが、冷蔵庫で保管するなら「野菜室」がおすすめです。

冷蔵室は温度が低めですし、開けたり閉めたりするので温度が変化しやすく、あまり保管に適してるとは言えません。

しかし、野菜室なら冷蔵室よりも温度が高めなので、品質を保つための環境が整っています。

もし野菜室がいっぱいで入らない場合は、押し入れなどの光が当たりにくい涼しい場所を選ぶようにしましょう。

冬場は暖房の効いていない部屋で保管

気温が低くなる冬場は「そのまま置いておいても良いのでは?」と思うかもしれませんが、暖房で室内の温度が高くなっていることもありますよね。

温度が高い場所は適していないので、冬場は暖房の効いていない部屋で保管しましょう。

リビングや寝室は暖房をかけることが多いと思うので、それ以外の日の当たらない部屋や床下が向いています。
できるだけ涼しくて暗い場所を探してみてください。

ただ、地域によって気温に差があるので、暖房をかけていない部屋の温度が低すぎてしまう場合もあります。

そういった場合は、先ほどご紹介したように「野菜室」での保管がおすすめです。

瓶を新聞紙でくるむ

温度や湿度の他にも、光に注意しなくてはいけません。

ワインは日が当たり続けてしまうと品質が落ちるので、日が当たらない暗い場所が適しています。

直射日光だけではなく、室内の照明の光も当たらないようにするために、瓶を新聞紙でくるみましょう。

乾燥しないようにコルクの部分はラップを巻いて、その上から全体的に新聞紙でくるむという感じです。

何もせずにそのままの状態よりも光が当たらず劣化もしにくいので、夏場も冬場もこの方法を利用してみてください。

まとめ

  • 保管するなら最適な温度や湿度が保たれるワインセラーがベスト
  • 夏場は冷蔵室よりも「野菜室」が向いている
  • 冬場は暖房が効いていない涼しくて日の当たらない場所が◎
  • 保管する時は光が当たらないように新聞紙にくるむ

保管方法に気を遣っていないと、ワインの品質は悪くなっていきます。

美味しく味わいたいのであれば、正しい方法で保管することが大切です。

良い品質のまま保つことができれば、売ることになったとしても買取価格がアップするかもしれません。

今回僕が紹介したことは誰でもすぐにできることなので、ぜひ実践してみてください。

保管方法の他にもワインの価値があがる方法はあります!
関連記事:ワインを買取業者にもっと高く売るコツ