多種多様なワインが楽しめる?スペインのワイン生産地を紹介

スペインワインの代表的生産地

情熱的な国として知られているスペインですが、実はワインの生産地としても有名です。

世界のワイン生産量ランキングで、イタリア、フランスに次ぐ3位という上位の位置にいます。

日本でもスペインワインは人気ですし、お店で見かける方も多いのではないでしょうか。

僕もスペイン産のワインをよく購入していて、普段から飲んでいます。

スペインは生産量は3位ですが、なんとブドウの栽培面積は世界1位。

ブドウの栽培に適した気候となっていて、数多くの品種が作られており、多種多様なワインが存在しています。

バラエティ豊かなので、ぜひワイン初心者の方にも飲んでみてほしいですね。

ということで、ここからはスペインワインの代表的な産地について紹介していきます。

スペイン産のワインに興味がある方必見ですよ。

リオハ

スペインワインの代表とも言われているリオハワインは、ワイン好きの方ならご存じのはず。

スペインの北部に位置していて、ラ・リオハ州を中心にバスク州、ナバーラ州にまたがっています。

エブロ川流域でブドウが栽培されており、スペインの中でも有名な生産地ですね。

リオハで作られるワインの特徴は、テンプラニーリョが多く使われていること。

テンプラニーリョが使われて作られる赤ワインは、樽熟成されているので深いコクが味わえます。

バニラや果実の香りも楽しめますし、なめらかな口当たりでとても人気が高いですね。

リオハは赤ワインが有名ですが、白ワインも作られています。

上品でフルーティな香りと、果実味と酸のバランスが良いのが特徴です。

ぜひ白ワインも一度試してみてほしいですね。

リベラ・デル・デュエロ

スペインの北西部に位置する、カスティーリャ・レオン州の有名な生産地リベラ・デル・デュエロ。

夏は40℃近くなるほど暑く、冬は-18℃を下回ることもあるという寒暖差が激しい地域です。

このような厳しい環境の中で栽培されたブドウは、濃密な味わいになります。

リオハと同じようにテンプラニーリョが多く使われており、フレッシュな果実味と濃厚な香りが特徴ですね。

テンプラニーリョを100%使用した赤ワインは、艶やかな深い色味になっています。

同じブドウを使っていても製造方法によって味に変化が出るので、何本か飲み比べてみるのも良いかもしれません。

プリオラート

プリオラートは、スペイン北東部に位置するカタルーニャ州の有名生産地です。

モンサン山脈にブドウ畑が広がっており、気温の変化が激しい中でブドウが栽培されています。

プリオラートで栽培されている黒ブドウは主にガルナッチャで、その他にもカリニェーナ、メルロー、カヴェルネソーヴィニヨンなどもあります。

こちらで生産されている赤ワインは鮮やかな深い色味で、果実とスパイシーな風味が特徴です。

厳しい環境の中で実った凝縮されたブドウを使っているので、力強さと華やかさを兼ね備えた味わいになっています。