マリアージュとは?ワインと料理の相性を赤・白など種類別に解説!

ワインと料理の相性「マリアージュ」とは

日常生活でよくワインを飲むという方は、「マリアージュ」という言葉を知っているでしょう。

よく耳にする言葉かもしれませんが、あまり普段ワインに接することがない場合は知らない人もいるかもしれません。

ワインに興味を持っているならこの言葉は知っておくべきなので、ここからはマリアージュについて解説していきますね。

まず、そもそもマリアージュとはどういうものなのか。
言葉の意味としては「ワインと料理の相性」を指しています。

フランス語で『結婚』を意味しているのですが、人間同士の相性と同じようにワインと料理にも相性があるんです。

ワインと料理を組み合わせて最高の調和が生まれた時に、この言葉を使ったりします。

ワインを飲む場でもよく出てくる言葉なので、ぜひ覚えておきましょう。

マリアージュの基本

ワインを単体で楽しむ方もいますが、料理と合わせて楽しむ方もたくさんいますよね。

料理と一緒にワインを飲むのであれば、マリアージュを気にしなくてはいけません。

美味しい食事をより楽しむためには、相性の良いワインを選ぶ必要があります。

先ほどは言葉の意味を説明しましたが、ここからはマリアージュの基本についてまとめました。

知識を深めるためにもまずは基本を知っておきましょう。

①ワインと料理の色を合わせる

ワインを飲み始めたばかりの方は、「どんな料理と合うのかわからない」という悩みを持っていることが多いです。

様々な種類があり、味もそれぞれ違うので何を合わせたら良いか迷ってしまいますよね。

基本的なことについて説明すると、まずは色を合わせることが大切です。

ワインには赤、白、ロゼなど色味がありますが、これを料理の色と合わせて選んでみましょう。

例えば赤ワインは鮮やかな濃い赤色なので、茶色系や赤系(肉料理など)のもの。

白ワインは爽やかな薄黄色なので、淡白な色味の魚料理などがおすすめです。

味わいや香りなどの組み合わせが難しいという方は、まずは見た目から入り、お互いの色を合わせてみることから試してみてください。

②ワインと料理の味の重さを合わせる

相性の良さを考えるなら、味の重さを合わせることも大事です。

重さを合わせるとはどういうことなのかというと、料理には軽めの味と重めの味がありますよね。

さっぱりとしたものやこってりとしたもの、それをワインの味と合わせることです。

例えば牛肉を使った食べ応えがあるものや、味付けが濃いめのずっしりとした料理には重ためのワイン。

カルパッチョや魚介のパスタなどさっぱりとしている料理には、軽めのワインがよく合います。

重さを合わせずに適当に選んで飲んでしまうと、素材本来の味が消えてしまう可能性も。

ワインと料理、双方の味の重さを合わせることによって、お互いの良さを引き立てつつ、バランスが取れるのでおすすめです。

③足りない部分を補い合う

食事をしている時に「ちょっと味を足したいな」と感じることがありませんか?

味の濃さが足りなかったりする時などは、もう少し何かを足して変化させたいですよね。

マリアージュの基本の中には、お互いの足りない部分を補い合うというものがあります。

例えば魚介を使ったさっぱり系の料理には、アクセントを出すために辛口の白ワインを。

軽めの味わいの中にキリッとしたさわやかさが混ざり合って、良いマリアージュが生まれます。

足りない部分を考えるのは難しいですが、自分で色々試してみて良い相性のものを見つける楽しさもあるんです。

実際に合う料理を紹介

料理には様々なジャンルがあるので、どんなワインが合うのかわからないという方もいるはず。

正直僕もワインにハマった時は、何が合うかよくわかりませんでした。

しかし、どうせ飲むなら料理に合うものを知りたいと思って、色々試してみたんです。

そうしているうちにどんどんマリアージュについて興味が出てきて、今では自分が作った料理に合うワインを選べるようになりましたね。

よりワインを楽しむためには料理との組み合わせはとても大事なので、ここからは実際に合う料理を紹介していきます。

赤ワイン

牛肉のステーキ

やはり赤ワインに合うものといったら、肉料理ですね。
食べ応えのある牛肉には、コクのある赤ワインが相性抜群です。

ビーフシチュー

こちらも牛肉を使っていて、味や色味も比較的濃いめ。
色や味の重さを合わせるという意味でも赤ワインがぴったりです。

少し重たいと感じるようであれば、口当たりが軽めのものを選んでみると良いかもしれません。

ナスとベーコンのトマトパスタ

パスタの中でも味が濃いめのトマトソース、ナスのさっぱり感、ベーコンの塩気にはずっしりとした味わいの赤ワインが合います。

色味の相性も良いですし、それぞれの素材の良さを引き出してくれますよ。

白ワイン

アクアパッツァ

魚介を水とトマトを使って煮込んだ料理ですが、魚や貝のうま味がしっかり出ているので白ワインによく合います。

さっぱりとした味わいに辛口のすっきりとした口当たりをプラスすることによって、お互いの味がより引き立つんですよね。

サーモンのカルパッチョ

あっさりとした魚介系には、やはり白ワインが相性抜群。
レモンやグレープフルーツなどの風味があるワインを合わせれば、さっぱりとした味わいにフレッシュさを感じることができます。

カキフライ

揚げ物に合うの?と思う方もいるかもしれませんが、レモンをかけると美味しさがアップしますよね。

それと同じようにさわやかな味わいの白ワインを合わせることによって、さっぱりと味わえるんです。

スパークリング

鯛のカルパッチョ

見た目がお洒落で、テーブルに並べると華やかになる鯛のカルパッチョ。

鯛のあっさりとした味わいに、シュワッと弾けるスパークリングはぴったりです。
軽めの料理なのでさわやかな口当たりがよく合います。

チキンソテー

実は鶏肉ともスパークリングは相性が良いです。

あまり濃すぎない味付けなので、すっきりとしたスパークリングの良さが消えません。
酸味とフレッシュな風味がプラスされてより美味しくなります。

まとめ

ここまで解説してきたことをまとめていきます。

  • マリアージュとはワインと料理の相性のこと
  • 料理の色や味の重さを合わせて、足りない部分を補い合うのが基本
  • 相性を考えることによってより食事が楽しめる

せっかく美味しい料理を食べるなら、そこに相性の良いワインを合わせてより美味しく味わってほしいですね。

ただ、これには絶対これという風に決まりがあるわけではありません。

人それぞれ好みはありますし、感じ方は違います。

自分で色々試しながら最高のマリアージュを見つけられると良いですね。